派遣から転職して事務正社員として働くまで

派遣社員と正社員の違い

そもそも「正社員」の定義をご存知ですか。実は正社員というのは明確な定義がありません。法律上の用語ではないのです。労働基準法で使われる言葉は「労働者」であって、法律上は「労働者」を「正社員」「パートタイマー」などと区別しているわけではありません。
一般的には、企業に直接雇用され、雇用期間の定めがないこと、フルタイム勤務であること、解雇が厳しく制限されている場合に正社員という言葉が使われます。この対極にあるのが「業務委託契約」です。社員でもなんでもなく、健康保険も雇用保険も入れない「業者」扱いなのですが、そこの企業の社員のような顔をして働く場合があります。
派遣社員の場合はその中間といってもよいかもしれません。派遣社員は派遣先の会社の社員ではありません。人材派遣会社から派遣された労働者です。派遣社員の場合は法律上の雇用者は人材派遣会社ということになります。派遣社員の場合は契約期間があり、契約期間が満了した際に再契約するか満期で終了するかを決定します。
派遣社員の場合、派遣社員に給料を支払う「人材派遣会社」と業務の命令を下す「派遣先企業」の二つの会社をまたぐため、指示系統が複雑になってきます。そのあたりは複雑ですが、労働者派遣法によって細かいルールや責任分担が決まっています。
また、派遣社員の場合は、健康保険や雇用保険などは人材派遣会社の方で保障されるのが普通です。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットと言えば、やはり合わない仕事だったら辞めやすいということがあげられます。契約期間が決まっていますから、満期が来たら再契約しなければいいのです。また、正社員に比べて責任の軽い仕事も多いので心理的には重責がのしかかるということは少ないです。
派遣社員の場合は、勤務地、労働時間など労働条件をあらかじめ人材保険会社に登録しておけばそれにあった仕事を紹介してもらえるので、自分のライフスタイルに合った働き方がしやすいというメリットがあります。

転職して一般事務の正社員に必要なこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です