派遣から正社員に転職するときのコツ

今在籍している会社で正社員になれないか

今、派遣社員として働いている方で、勤務している会社に満足している方は、今の会社で正社員になれないか模索してみるのもひとつの作戦です。仕事も解っているし、どんな社風なのかもわかっているので、転職した時にする苦労、「初めての仕事」「初めての人間関係」等を避けることができます。人材派遣会社とは多少仁義的には厳しいものがあるかもしれませんが、派遣期間満了後であればそのまま雇用されても問題ありません。会社によっては派遣は派遣、正社員にはするつもりはないと割り切っている会社もありますが、仲のいい正社員の方がいたら、過去にそういった事例がないかどうか探りを入れて見ましょう。そのまま正社員として入社できればこんなにおいしいことはありません。

キャリアを活かして別の会社へ!

通常の転職としては派遣社員としてのキャリアを活かして、他の企業へ転職するというのがやはり一般的です。派遣社員と言っても仕事内容は人それぞれで、一定の決まった業務のみこなす方と、正社員顔負けにバリバリ働いている方も多いでしょう。一度自分のキャリアを棚卸して、自分には何ができるのか、どんな仕事が得意なのか、パソコンのスキルは客観的に見てどれくらいなのかをきちんと把握しておきましょう。得意分野と自分の長所を面接でもきちんと言えるようにしておくと自信のある態度で面接に臨むことができます。

まずは契約社員から始めてみる

また、いきなり正社員ではなく、契約社員から始めるというのも視野に入れておくと良いでしょう。それだけ転職案件の幅も広がり、転職しやすくなります。実際に正社員と契約社員の壁はそんなにありません。ただ、契約社員は三か月や半年に一回、契約更新をしますので、その際に契約してもらえない可能性があります。正社員よりは解雇しやすいので先行きの不安はあります。しかし、契約社員として雇用しておいて、数ヶ月で簡単に雇用契約を継続しないという会社であれば、正社員になっても同じことでしょう。そういう会社は正社員になっても解雇される可能性は大いにあります。契約社員に対する考え方は会社によってかなり違いますが、契約社員のままマネージャーになっている方もいます。正社員としての転職のハードルが高いな、と思った方は契約社員からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です