女性が転職して正社員になるには

女性の転職は男性より難しい?

女性の転職は男性よりも難しいです。もちろん業界にもよりますが、普通の企業は長期で働ける人を求めているため、結婚退職や育児休暇を取る可能性のある女性は避ける傾向にあります。結婚、出産というプライベートではとても素敵なイベントも、企業側にとってはせっかく育てた人材が辞めてしまったり休んでしまうというリスクでしかありません。
特に20代後半から30代前半の方は、本人のその気はともかく、そういったイベントを控えていると思われるので避けられることがあります。
いくら本人が「結婚しません」「出産しません」と言っても企業側にとってはあまり響いてこないことでしょう。
実際私の知人で「子供は作りません」と言って転職したのですが、子供を授かったという人がいます。とてもおめでたいことなのですが、会社側からは「子供を作らないと言ったから採用した」と文句を言われ、正社員から契約社員にされてしまった人がいます。そのような企業ですから育児休暇など期待できるわけもなく、その人は出産のために会社を辞めてしまいました。どちらにとってもあまりいい結果ではなかったようです。
以前は「腰掛OL」などという言葉もあり女性は短期で辞めてしまうということを容認している時代もありましたが、現在は就職難であり、すぐ辞めてしまいそうな女性を採用する可能性は少ないでしょう。
しいて言えば一般事務職は比較的女性の方が採用されやすいという傾向あるというところが良いところでしょうか。

女性の正社員はいつまで働ける?

結婚→出産の王道コースを通って会社を辞めてしまう人もたくさんいますが、育児休暇→会社復帰のコースや独身のまま50代まで仕事で突っ走る方も多くなってきました。今や女性管理職も珍しくない時代です。本人のやる気と実力があれば女性だからといって差別されることは少なくなってきました。
ある外資系の化粧品会社では30代から40代の女性が多かったのですが、独身女性のほうが大多数でした。もちろん結婚して育児をしながら働いている方もいましたが、その会社では仕事を優先する女性が多かったです。契約社員と違い、正社員になれば解雇のリスクも減りますので、女性だからといって特に制限されることはないでしょう。

第2新卒の転職は難しくない?【難しいと感じている人用】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です